水道工事の装置工事は手続きなども必要となる

水は私たちが生きていくために必要不可欠なものです。水がなければ人間はもちろんのこと、動物や植物など命あるもののほとんどが生きていくことができません。日本では、安心で安全に飲むことができるきれいな水を各家庭、事業主などへ円滑に届けることができるように、給水装置などの水道設備が整えられているのです。装置以外に自治体へ届け出などもあるので、家を購入される方や建築を考えているなら水道のことに関しても理解が必要になります。

■給水装置工事を行う場合に必要な手続きとは

水道に関する工事を行う場合、水道事業者に給水装置工事の申し込みを行って、前もって承認を受ける事が必要となります。こうした給水装置に関する工事は各自治体の給水装置工事事業者以外行うことができません。給水に関する工事の申し込みを行い、設計に関する審査を受けて承認をもらい、着手することができます。工事が完了したら適切な作業が行われたかどうかの検査を行い、その後、水道使用開始届出書を提出して使用できるようになるのです。
こうした書類等が必要となりますし、生活に直結するものなので、検査も慎重に行われます。給水装置は、人の生活を左右することになるため、手続きなども慎重に行う必要があります。

■給水装置の工事の過程とは

給水装置の新設、改造、修繕、撤去などすべてが装置工事に含まれます。またこれらを行う場合には、調査や計画、施工や検査などの一連の過程がすべて含まれるのです。どのように行っていくか計画を立案し、作業を行っている時には現場の監督も行いますし、給水管の配管や給水用具などの設置、こうした職務がすべて含まれたものを装置工事といいます。もちろん水のメーター交換も含まれますし、メーターの取り付け、取り外しなども業務の一環です。こうした業務に関して、資格者ではなくとも腕のいい職人がいますが、届け出等が必要となるので、やはり知識をしっかり持っていることが証明されている資格者に依頼しなければいけません。

■まとめ
電気などもそうですが、球を交換するなどの軽微なことは私たちが行うことができても、配線などは電気の免許を取得している人以外できません。水道の場合、作業自体は資格者の監督のもとで行うことができますが、検査、立ち合い等には資格が必要となります。特に水道に関しては生活に直結することにプラスし、命に係わるものとなるのでやはり業者のなかでも資格者がそろっているところに工事や水道 修理を依頼すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ