水道工事の工事事業者に必要な資格とは

建物を建設する時に必ず必要になることの中に、水道工事があります。ビルでや個人宅でも生活に利用する水は生きていくために必要です。水がうまく給水されない、配水できないとなれば生活を円滑に送ることができなくなります。そこで新築でもリフォームでも、また故障という場合でも重要になってくるのが水道工事事業者です。

■資格者がいるかどうかの確認は必須

自治体の指定店となっている場合、資格者がいるかどうか、その人数などについて届け出を行っているため、安心できる工事店であると認められていることになります。作業自体は無資格者でもできますが、給水装置に関する作業を行い、検査を行う場合、責任者としての資格が必要です。その資格が給水装置工事主任技術者という資格になります。自治体指定の店舗として認可される場合には、必要な資格を取得しているということであるため、指定店となっているお店は心配ないといえます。この他に、下水道に関する資格、管工事に関する資格などもあるので、修理、新設、改修などが必要な場合、その作業に必要な資格者がいるかどうかを確認することも必要です。

■最も需要が高い資格とは

水道に関しては、給水装置に関するもの以外、冷暖房や空調、浄化槽など、様々なことが関わってきます。トイレの水に不具合があり根本的な改修が必要となると、給排水に関する資格以外に、衛生設備に関する資格が適切です。こうした様々な水道設備、水道工事に関する資格の中でも需要が高く、レベルも高いといわれるのが、管工事施工管理技士です。作業ができるのはもちろんですが、工程管理や品質管理、安全管理などの知識を持ち、現場管理技術者や主任技術者を兼務できる資格です。この資格を所有している資格者がいれば、建設業者として営業所を設置する場合にも、専任技術者となることができるため、企業にとって重要な資格ともいえます。

■まとめ
水道 修理など水に関する作業については色々な作業がありますが、工事事業者として持っておくべき資格があります。特に給水装置工事主任技術者などの資格は、監督を行う上で必須資格となるため、利用する店舗の中にこの資格者がいるかどうかは、重要なことです。利用する業者の従業員の中にどの資格者がいるのか、何人いるのか等、利用する側として理解しておくことも大切なことになります。水に関してトラブルが起きたとき、安心して利用できる業者を知っているとスムーズに対応できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ